時計ウォッチ

セイコーが誇る最高級品質ドレスウォッチのクレドールには、日本の美意識が凝縮されています。
デザインは芸術性に偏らず常に新しいスタイルを作り出していき、多くの人に受け容れられながらもその独自性は失われません。

セイコーが世界に先駆けて開発した世界初のGPSソーラー電波時計の最高品質のシリーズ。
最先端のエレクトロニクスを取り入れ日本ならではの微に入り細に行ったデザインと品質は、伝統と格式の高級腕時計の歴史を塗り替えました。
使ってみて分かる正確さと便利さは伝統的な時計コレクターをも虜にする魅力にあふれています。

1960年、グランドセイコーは世界最高級の腕時計を作り出すという決意から誕生しました。
「実用時計の最高品質」を目指し、腕時計の本質を高い次元で完成させています。
クロノメーターよりも厳格な品質の証「GS基準」をクリアしたものだけがグランドセイコーとして存在し、その伝統と品質は誕生以来今日まで受け継がれています。

現在のケーブルやワイヤーにも似た“トルク”の造形は、ケルト人が好んだ螺旋のモチーフ。
そのデザインは、シンプルであるが故に普遍性を保ち、モダンで新鮮、普遍的で独創的なシャリオールのスタイルを確立しています。
一目見てわかるそのデザインはケルト民族のエッセンスにあふれ、持つ人の個性を際立たせます。

センチュリーの創業は1966年に遡ります。創業者ハンス・ウルリッヒ・クリンゲンベルグは既に数々の発明により知られた存在でしたが、自らのアトリエを構えることで遂にその発明が創造的作品を生み出しました。それは時計のケース内を真空にした画期的なバキュームウォッチや、2種類のサファイアを一体化させたケース構造「メガリス」など、数々の革新的な技術により、輝かしい歴史の第1章を記すことになりました。

真に実用に値する製品には、機能と美の融合があります。カシオの時計には、日本が世界に誇る最先端のLSIテクノロジーと熟練のクラフトマンシップが息づいており、常に革新的な「道具」として異彩を放っています。

 

ラドーは、革新的なデザイン、世界でも有数の美しさと耐久性をそなえた時計を創り出す革命的なマテリアルの採用によって有名な、世界的に評価の高いブランドです。スイス、レングナウでの創立以来、ラドーは「想像できるものなら、必ず自分たちには作れるはず」というブランド哲学で今日までパイオニアとして新しい製品を生み出してきました。

ICETEK

2003年、アメリカ・ニューヨーク生まれの「ICETEK」。

「ICE」はジュエリー、「TEK」はテクニカル(技術)の意味を持ち、時間を刻むだけではなく、人生を彩る時計として誕生しました。2004年から日本へ正規輸入を開始、ファッションジュエリーとして自分自身や大切な人に優雅な時間を提供する、自らが時を刻む、刻んだ分だけ後に思い出となります。このようなヒストリーを受け継いで2012年、発信源を日本に移動。「遊び心を大切にする」ブランドコンセプトは引き継いだまま、日本の繊細さを取り入れ、より革新的なブランドとして世界へ発信しています。

ロマゴならではの文字盤のギミックが、人とは違う個性を表現します。通常黒く覆い隠されている文字盤は時間を見る角度(45°)に腕を傾けた時、内蔵イルミネーションが輝きその姿を現します。時を知るという行為を改めて認識する時計、それがロマゴ。

1900年、時計技術者であったメルヒオール・グンツィンガーがスイスのジュラ山岳地方のウェルシェロールに時計工房を開発したのがテクノスの始まり。
テクノスとはギリシャ語の「テクネー(技術)」にちなんで名付けられたもので、その名の通り技術を基本理念とした時計作りで、数々の傑作を世に送り出してきました。その伝統は着実に引き継がれ今に至っております。